観察して取り入れる

色のイメージは必ず違いが出る

人にはそれぞれ好みの色があって自分の家に関してもそう言った物を反映しようと考えますが、この色を選ぶ行為は実際にはプロであっても難しい物があります。 と言うのも色はその環境によって幾らでも見え方が変化する物であり更には種類も多く、特に外壁塗装に用いる塗料も基本とされる物だけでも膨大な量となるのです。 その様な中から理想とも言える色を探して自分で納得したつもりで外壁塗装をさせたとしても、全体的に完成した姿が必ずしも理想通りとは成らないケースもあります。 これらは既に述べた様にどうしても仕方が無い部分でもありますのでむしろ自分の理想の方に柔軟性を持たせた方が良く、ある程度の幅を持った形で最初から色の選定をした方がギャップが少なくなるのです。

外壁塗装は他の建物を観察すると良い

外壁塗装の仕上がりと自分の考えの差は実物を見る事が出来ない面でどうしようも無いのですが、それでもそう言った事を近づける努力をする事で理想的な結果も得られます。 一番良いのは外壁塗装に用いようとしているのと同色の家を良く観察してみる事であり、しかも必ず近くと遠くで見比べてどの様に印象が変わるかを覚えておくと良いのです。 勿論ですがこれらは光の具合によっても変化する事を考慮して晴れの日と曇りの日も考慮すべきで、それによってどの程度の差が現れるかを見ておくと理想と現実の差を最小限の物とする事も出来ます。 ただ素人目線ですと偏りが生まれてしまう事も確かなので出来れば業者を伴うか、第三者も交えた形でその変化に付いて見ておく方が良いのです。