メンテナンスの方法

外壁のメンテナンスの方法の一つ塗装とは

外壁は年数がたつにつれ一番劣化を感じられる部位といっても過言ではありません。というのも常に紫外線や雨風にさらされより過酷な環境に置かれているからです。さらに日常生活で意識するしないは別にして目にする機会が多い場所といえるのです。もっと言うと住人でない赤の他人の目にも触れる機会が多くより劣化を意識する部分といえます。とはいえ家の大部分を占めている外壁をリフォームするには工事も大掛かりになりますし費用も掛かってしまいます。表面の外壁塗装をするなどのケアをすることでより良い状態を長く保つことができるのです。ペンキなどを塗ってある壁だけでなく最近主流のサイディングと呼ばれるセメントでできたパネルの表面も外壁塗装することができるのです。

外壁塗装を行うメリット

外壁塗装などの定期的なメンテナンスを行うことでより劣化の速度を遅くさせることができるのです。サイディングのメンテナンスの目安はチョーキングと呼ばれる現象です。外壁を指で触った時に白っぽい粉が手につく現象がチョーキングです。これは本来外壁表面にコーティングされていた膜が紫外線などによりはがれたことによる現象です。こうなると外壁塗装の目安です。ここでメンテナンスをしなければ場合によっては外壁自体を交換する工事が必要になるなど費用が一気に高額になるのです。 外壁塗装といっても症状やケースによって外壁材を補修するなどの事前段階が必要になります。その後下地材を塗りその上に完成となる塗装を行うのです。この時表面の塗装はもちろん下地材の配合などによっても持続年数が大きく変わります。経験豊かな確かな腕を持った職人さんが行うことでより長続きする塗装を完成させることができます。